通信制 高校 普段 勉強

通信制高校の普段の勉強

通信制高校の普段の勉強

通信制高校の普段の勉強は学校ごとに特色が違うのですが、ここでは一般的なスタイルを紹介していきたいと思います。

 

レポート

一番の中心となるのがレポートです。基本的に自宅で教科書とテキストなどの副教材を使ってレポートを提出し添削指導していきます。

 

スクーリング

次にくるのが週2〜20回程度通うスクーリングです。
スクーリングの投稿時間は、普通の学校よりゆったりめな9時から10時スタートになっています。授業時間は午前中だけで授業が終わる学校がメインですが、月2回程度の登校頻度の場合は午後まで授業がある場合もあるようです。また、午前中に単位に必要な勉強をし、午後は体験授業や自習・部活といった形式もみられます。

 

次にスクーリングの内容について見ていきましょう。
スクーリングで行われる授業では、学校の先生がレポートに沿った内容の授業を行います。レポート作成で積み上げてきた学習では分からない部分をここで理解していき、理解を深めていきます。

 

また、色んな生徒を抱えている多くの私立系通信制高校では、普通科の学校よりも少人数で授業が行われるため、丁寧な指導が行われているようです。
学校によっては、一方的な講義だけではなく、生徒同士でのグループワークや個別でのおさらいなどの時間を設けることで勉強への理解が深まるような授業も行われています。

 

その他にも近年は、ゼミや体験教室、専門授業といった、生徒自身の好みや目標に合わせた授業を受けられる学校もでてきています。これらは直接単位取得に必要なものではありませんが、自分の将来を模索したり、普段の息抜きをしたり、さらには集団生活を学ぶ場として設けている所も増えています。

 

テスト

そして年2回学習が身についているか単位認定試験にあたるテストを受ける事になります。これをクリアすることによって単位を習得することができるのです。
ただし、レポートの提出をしなかったり、スクーリングの欠席が目立つとなると、このテストが受けられないので注意しましょう。

 

多様化する通信制高校の学習内容
ただし、学校一校一校によっても授業内容やスケジュールもかなり変わってきています。最近では私立を中心に専門的な特別授業があったり、体験学習がある場合も多くなってきています。

 

また、登校の頻度や目標ごとに別のコースがいくつか用意されていることもあります。学習全般をインターネット中継のeラーニングで行ったり、不登校や長期欠席で遅れている人向けに、中学校の学習内容を加味した基礎固めの学習を別に行う学校もあります。気になる学校がある場合は、資料請求をしたり体験入学や見学で実際に学校を見てみるなど、自分で確かめることが大切です。

無料一括資料請求サイト ズバット通信制高校資料一括請求なら、これらのポイントを生かし貴方に適した通信制高校を探すことができます。操作も簡単で無料なので、是非利用しましょう。 下のバナからズバット通信制高校無料一括資料請求へ移動します
あなたの最も身近な通信制高校が検索できます!そして無料資料請求もできます。

ホーム RSS購読 サイトマップ