通信制高校とは 概要

通信制高校とは【その概要】

通信制高校とは?

現在、日本では小学校と中学校は義務教育で、高校進学以降は自由選択です。

ですから、中学校卒業後、高校に入るためには試験を受けて合格することで、進学ができます。
高校の種類は全日制・定時制・通信制などがあり、3年ないし4年間かけて、一定に単位を取得することで卒業ができます。

 

通信制高校は、あまり馴染みがないかもしれませんが、全日制や定時制のように高校に通うのではなく、基本的には自宅での勉強を中心として、単位を取得する方法です。
与えられた課程を、テレビやラジオ、インターネットなどを使って勉強し、レポート提出で、単位習得を目指します。

 

通信制高校の大きな特徴として、家での学習が中心になることから、自分の好きな時間に行う事ができることです。
ですから、過去に高校中退をしたまま大人になった方、中学校卒業時に高校進学ができなかった方などが利用していることが多いです。
また、不登校などで、集団生活がおぼつかない方などについても、通信制高校なら友達と顔を合わすことなく、対人関係のわずわらしさもなく高校卒業のための単位習得ができます。
学習障害などで、普通の高校の授業が受けられない、椅子に長時間座っていることができない、もともと人が嫌いなどという対人関係で悩みを持つ方にも、学習活動の良い機会です。

 

そして、案外と多いのが、スポーツ選手や芸能活動などで、既存の学校に通えない方です。
一つの地域に留まることがなく、世界中を飛び回ったり、仕事で勉学の機会を失っているかたにも、基本レボーと提出の通信制高校にとっては、都合の良い教育機関です。

 

 

通信制高校の特徴 単位制の学習法

通信制高校は、与えられた課題についてレポートを提出と、スクーリングと言われる面接指導、そしてテストに分かれます。
学年制ではなく、単位制を採用しているところがほとんどですから、何年で単位習得をしなくてはならないという義務もありません。
その方にペースに合わせて、最短では3年ですが、10年近くかかって卒業される方もいます、

 

学年制とは、1年間で与えられ教科の勉強をして、その間に単位習得をしなくてはなりません。
1つでも単位がないと留年をしてしまいます。
単位制の場合、ひとつひとつ単位に限定しながらの勉強になります。
定期的なレポート提出の上、テストである単位認定試験をクリアしていくことで、単位習得ができます。
ですから、自分のペースで勉強ができ、1年間にこれだけという制限もありません。

 

学年制の場合、留年をした場合、落とした単位だけの勉強ではなく、また全ての学習をしなければならないのですが、単位制は、落とした単位だけの単位認定試験をクリアすることができるため、合理的な方法といえます。

 

その方の生活スタイルや体調にもよりますが、留年のムダな時間を過ごすのはいや、自分のペースで勉強をしたい、長期入院などで勉強ができない時間がある場合、学年制の高校から通信制高校に編入の形で入学される方もいます。

 

転入・編入制度について

通信制高校は、転入・編入が可能です。
全日制や定時制の高校に通っているけれど、様々な理由から通信制高校に編入をしたい方も受け入れられています。
募集時期が決まっている通信制高校もありますが、時期のタイミングさえ合えば、入ることができます。

 

転入とは、現在他の高校に在籍している方が通信制高校に入ることを言います。
転校生と同じ感覚ですが、既に他の高校で習得している単位以外の学習を通信制高校で行うことで、学年が変わってきます。

 

編入とは、既に他の高校を中退などでやめてしまっている方が、通信制高校に入ることを言います。
入学のし直しです。
この場合でも、中退までの単位はそのまま受け継がれるので、単位の重複などはありませんが、一応試験があるところも多いです。
しかし、普通の高校受験とは違い、簡単な筆記試験や面接などで、今の学習状態を確認する程度ですから、難しく考える事はありません。

 

様々な事情で、高校を変えたい、中退したけれどせめて高校卒業の資格だけはほしいという方に、この転入・編入制度は良いものです。
登校の義務がありませんから、いじめで高校に通えなくなった方、今の高校に学力についていけない方などにも通信制高校での卒業を目指すことができます。

 

 

通信制高校の授業内容

通信制高校の学習は基本的に自宅で行います。
学校で決められた回数のレポート提出後、添削指導を受けます。
レポートというだけあって、以前は郵送でのやり取りでしたが、最近ではインターネットを取り入れている通信制高校も多いです。
eラーニングが有名です。
このレポート提出が、学習の進捗状況を報告する上で大切な学習になり、月平均5〜8本くらいだと言われています。

 

また、自宅ではなく、面接授業としてスクーリングもあります。
自宅だけの学習ではなく、このスクーリングも単位として必要な寡黙です。
ところが、学校はないため地域のサポート校などがあり、指定された高校に出向く必要があります。

 

面接だけではなく、ホームルーム、学校行事などを行う場合があり、数少ない生徒同士の交流の時間を設けている場合もあります。
基本的に対人関係が苦手で、全日制や定時制に通う事ができない方であっても、このスクーリングを楽しみにしている方もいます。
年代も違う、それぞれが事情を抱えた方達の集まりで、このスクーリングの意味も生徒たちにとっては大切な意味もあることです。

 

高校からの勉強は自由選択ですが、現在はどんな職業にしても高校卒業が学歴としては線引されています。
日本では、90%以上が高校進学をする時代になりましたが、多様化する社会において、みんなが同じ方法での学習ができない場合もあります。
そんな中、高校進学を願う方すべてに、勉強の機会を設けたのが通信制高校です。
ただ自宅で学習をしているだけではなく、年に数回のスクーリングなどでの交流の場もありますが、なかなかこのスクーリングにも行けない方もいます。

 

そのような方にも通信制高校としては配慮をして、とにかく最後まで学習体制を整え、単位習得のための手助けをしているともいえます。
通信制高校も卒業をしてしまえば、普通の高卒の学歴を持つことができます。
そこからは、自分の足で歩いていくことになりますが、それまでの課程は、人それぞれということです。

 

 

人気の通信制高校 ルネサンス高等学校

通信制高校の中でも有名なのがルネサンス高等学校です。
入学ものは全国各地から、年3日間の登校で、高校卒業を目指せます。
レポート提出はインターネットを使うため、郵送の必要はありません。
パソコンやスマホでOKです。
学習教材は、NHK高校講座、スタディサプリなどを使い、基本的には映像を駆使してのわかりやすい授業でレポート提出ができます。
動画を使った問題を解く方法も今の方には勉強がしやすい環境といえます。

 

スクーリングは年3回ですが、2泊3日の宿泊タイプ、1日ずつ分けるタイプと分かれています。
また、男女別、保護者と一緒、成人対象などバリエーションもあります。
文化祭なども東京で行うなど、普通の通信制高校とは異色の存在として注目されています。

 

ルネサンス高等学校そのものは、全国に3つ存在していて、全国主要都市の受付センターや連携キャンパスなどがあります。
既存の通信制高校の意識を大きく変えた自由で明るい雰囲気が人気です。

 

卒業後の進路ですが、4年制大学の進学も視野に入れることができる学指導なども期待できます。
単に高卒の資格がほしいだけではなく、自分のペースの勉強で、志望校進学もできます。
指定校推薦、AO入試などの方法もあり、普通の高校と仕組みは同じです。

無料一括資料請求サイト ズバット通信制高校資料一括請求なら、これらのポイントを生かし貴方に適した通信制高校を探すことができます。操作も簡単で無料なので、是非利用しましょう。 下のバナからズバット通信制高校無料一括資料請求へ移動します
あなたの最も身近な通信制高校が検索できます!そして無料資料請求もできます。

ホーム RSS購読 サイトマップ