私立 通信制 高校とは

私立の通信制高校とは

私立の通信制高校とは

私立の通信制高校は近年増え続けていて、最近ではネット高校と謳う学校まで出るようになりました。

 

学費は高めですが…

私立の通信制高校は公立にくらべ費用は多めになります。
入学金が2万円〜5万円、授業料が年間18万円〜(単位当たり … 6000円〜)、その他費用が年間3万円程度とコストは高め設定です。公立高校は10万円程度の学費で卒業することを考えると、経済的な理由で余裕のない人には苦しい選択かも知れません。

 

サポートは充実

ただし私立は公立にくらべ学習に関するサポートが充実している特徴があります。
通信制高校は、基本自分の力で勉強するのが基本です。 特に公立高校ではその傾向が顕著となっており、中学校卒業程度の学力があるという前提で学習が進められます。そのため長期欠席や不登校の生徒には、授業がついて行けないという問題が発生します。

 

その点、私立では、中学から不登校だった生徒など、学習に苦手をもった生徒にも対応するため、中学、学校によってには小学校の段階まで戻って勉強を教えてくれるところもあります。

 

また、私立の学校は精神的サポートが充実しているという特徴が有ります。
通信制高校には、不登校やいじめを経験してやってくる生徒も少なくありません。
その人達に対してカウンセラーを決まった曜日に設置するなど、精神的なサポートを用意している学校も多いようです。

 

学習スタイルも多様化

また、私立高校ではスクーリングやレポートのスタイルが多様化しています。
インターネットを通じてレポートを提出出来たり、スクーリングも登校日を調整できるといったように、自由度が高い学校が多いといわれています。

 

登校日も、週5回といった毎日登校型から、年に1度数日の合宿でスクーリングが完了するものなど、生徒のライフスタイルによって様々な形を選べるようになっています。

 

普通の学校では体験できない私立通信制高校

特別活動で私立は大きな特徴があります。
私立の通信制高校では、公立同様の学校行事に加えて、普段のスクーリングでも専門的な科目や資格取得を目指すコースなどが用意されている学校も存在します。
例えば、就職を考えている人ならば簿記や秘書検定、マナー研修、美容師やアニメーターなどの職業訓練が有るところまで出てきました。

 

その他にも、美容や調理といったコースを取ると提携している専門学校にスムーズに入れる学校など、私立の学校は様々な特徴をもった学校が多いようです。
通信制高校に通う期間が、少しでも充実した時間になるようにしっかりと下調べをしておきましょう。

無料一括資料請求サイト ズバット通信制高校資料一括請求なら、これらのポイントを生かし貴方に適した通信制高校を探すことができます。操作も簡単で無料なので、是非利用しましょう。 下のバナからズバット通信制高校無料一括資料請求へ移動します
あなたの最も身近な通信制高校が検索できます!そして無料資料請求もできます。

ホーム RSS購読 サイトマップ