高校中退 理由

高校中退の理由

高校中退の理由

近年、高校中退をする人が増加傾向にあります。

 

ここ30年において、毎年5万人から7万人の高校生が高校中退という選択をしています。少子化という現状を踏まえると、高校中退者は明らかに増加していると言わざるを得ません。

 

かつては家庭環境や経済状況が変化したなどによる「進路の変更」による高校中退がが多かったのですが、近年は「学校生活や学業の不適応」による高校中退が増加傾向にあります。
また、「進路の変更」の内訳においても、周りの経済状況ではなく個人の意志による変更選択によるものが多くなりつつあります。

 

「学校生活や学業の不適応」の理由に共通するのは「自分と進学した高校とのミスマッチング」です。
例えば学校の勉強や人間関係について行けなかったり、校風があわないなどの理由で学校と相性が合わないと感じる事からミスマッチングは起こります。なかには学校内でいじめにあう、というケースも少なくありません。
そして、次第に学校内での孤立感がひどくなりその場にいられない、と感じることから学校に行かなくなるようになります。時には中学校時代の友達やネットでの知り合いなど、学校外での付き合いでその憂鬱を晴らすケースもあります。それが長引くと、結果、ひきこもって付き合いをシャットアウトしたり、不良グループとの付き合いに没頭したりするなどの問題行動を起こし結果出席日数が足りなくなり高校を中退するというケースがここ数年増加しています。

 

このように高校中退の理由は人によって実にさまざまです。 ですが、いずれにしても辞めてからどうするかということはしっかりと考えておく必要があるでしょう。

高校退学の理由

 朝は眠くて、どうしても自分の力では起きることができないです。

 

だから、学校に行くのも億劫で不登校になりました。

 

いつまでも、不登校のままではいけないと思って、高校を退学することを決めました。

 

学校へ行くよりも、自立して働きたいと思います。

 

高校退学したことは、後悔してます。

 

だって、親が大変な思いをして子供である自分のために高校へ行けるようにお金を用意してくれていたんです。

 

だから、働きながら高校卒業資格くらいは取りたいと思ってます。

 

定時制高校へ、勉強しに行くのも良いですね。

 

定時だと、5時なんで5時半からなら勉強しに行けます。

 

でも、学校へ行くのが嫌で退学しちゃったんだから今更高校へ行くのも、気がすすまないな…。

 

通信制高校なら、そんなに学校へ行かなくても良いです。

 

一応、指導を受けるために高校へ日曜日だけ行けば良いというのも良いですね。

 

これなら、毎日登校しなくても良いから私でも大丈夫そうです。

 

通信制高校の学校によっては、平日に指導を受けに行くところと、インターネットを使って学ぶというところもあるようです。

 

もう一度、同じ学校に入学し直したい!

 

そんな場合は、再入学制度を利用するのもありです。

 

再入学したいなら、退学した高校に相談する必要があります。

無料一括資料請求サイト ズバット通信制高校資料一括請求なら、これらのポイントを生かし貴方に適した通信制高校を探すことができます。操作も簡単で無料なので、是非利用しましょう。 下のバナからズバット通信制高校無料一括資料請求へ移動します
あなたの最も身近な通信制高校が検索できます!そして無料資料請求もできます。

ホーム RSS購読 サイトマップ