公立 通信制 高校とは

公立の通信制高校とは

公立の通信制高校とは

かつては、貧しくて学校にいけなかった人たちの受け皿となっていた通信制高校。いまはどんなふうになっているのでしょうか。

 

コストは最安

公立の通信制高校の最大の魅力は、費用にあると言えるでしょう。
入学金が500円、授業料が年間1〜3万円程度(単位当たり … 300円〜)、その他費用 … 年間3万円程度、とコストはかなりお安くなっています。

 

経済的に余裕がない人には、バイト程度の収入でも学習できるので大きなメリットでしょう。

 

公立通信制高校のデメリット

ただし、公立の通信制高校にはいくつかのデメリットがあります。

 

自学自習・自己責任・自己管理

基本的に公立の通信制高校は、「自学自習・自己責任・自己管理」が求められます。私学の学校のように、学校が勉強の面倒を見てくれることは期待できないと思った方がいいでしょう。

 

例えレポートを提出しなくても注意が来ることもありませんし、1回や2回スクーリングをさぼっても注意されることはそんなにありません。ということは、計画的に勉強を進める自己管理ができないと脱落する恐れがあります。折角高校卒業のために入ったのに、中退してしまうケースも少なくないです。

 

決められた日にしかスクーリング出来ない

また公立の通信性高校では、登校日は少ないものの、スクーリングや期末試験の日程が学校側で決められており、その決まった日に行かなければ単位が修得できないという場合が多いようです。

 

そのため不安定な職業に就いている場合、スケジュールが合わなくて単位を落としてしまうというケースが結構目立ちます。

 

精神力と学力がいる公立通信制高校

また、公立の通信制高校は精神的なサポート体制が整ってないところが多いです。
あなたが、自学自習や受験勉強などを自分でできるだけの学力や精神力があるならば、公立の通信制高校を選択するのはありだと思います。

 

ですが、ちょっとでも学習を続けることの不安や勉強について行けるかの不安があるのなら、サポート体制が整っている私立の通信制高校を選んだ方が「確実に卒業できる」という観点から安心だと言えます。

 

どうしても公立の通信制高校にするなら

また、不登校など中学までの勉強を理解できてない、或いは学習する習慣がない人の場合、授業そのものについていけないケースも出てくると思います。

 

どうしても公立でついていきたい、と思うなら塾や通信制サポート校との併用を考えるといいでしょう。もちろんこの場合、公立通信制高校とサポート校両方の費用が必要となりますので、公立の通信制高校のみに在籍している生徒よりも学費の負担は大きくなります。

 

進学を考える上で学費はもちろん選択する上で重要ですが、それだけにとらわれることなく、この学校で自分はどんな生活を送れるのか、きちんと卒業ができそうかといった根本的な部分まで事前にしっかりと下調べをして、学校を選択することが大切だといえるでしょう。

無料一括資料請求サイト ズバット通信制高校資料一括請求なら、これらのポイントを生かし貴方に適した通信制高校を探すことができます。操作も簡単で無料なので、是非利用しましょう。 下のバナからズバット通信制高校無料一括資料請求へ移動します
あなたの最も身近な通信制高校が検索できます!そして無料資料請求もできます。

ホーム RSS購読 サイトマップ