高校中退 その後

高校中退のその後

高校中退のその後

今、高校を中退する人は年間で約5万人以上入るといわれています。自分の夢のために辞める人もいますが、中には高校が自分に合わないという理由で自分でやめていく人もいます。中にはいじめられた・学校との関係がうまくいかなくなった・家庭の事情などで高校を辞めていく人もいます。

 

「中退をする」その後はどうなっていくのでしょうか?ここでは中退した人が直面しやすい困難をご紹介しましょう。

 

高校中退した後の困難1 就職や雇用の問題が出る。高校を中退するということは、最終学歴が中卒になります。ただ、今高校進学率が98%となっている現代、仕事をしたくても中卒や高校中退という理由だけで断られてしまったり、応募自体できないということもあります。

 

このために、高校の中退者は日雇いや単発のアルバイトなどの割と不安定な職に就く以外にないのが現実です。これによって、収入が十分なものではなく、自立した生活ができません。家庭を持つこともできませんし、その後の生活基盤に大きく影響してきます。

 

次に進学や資格の取得の問題が出てきます。
大学や専門学校の入学資格は、高校卒業もしくは同等以上というのが条件になっています。ですから、中退した後に進学したいと思ってもまず、高卒資格があるか?高卒民定資格を取得することが必要になってきます。

 

また、仕事をしていくにあたって、資格を取らなければいけないつまり、キャリアアップができない職場もあります。資格の多くは、学歴が関係なく受験することができるのですが、中には高校卒業資格がいる場合もあります。ですから、その資格をとるにはまず、高卒民定資格を取らないといけないようになってきます。中には、学歴不問、実務経験が○年以上あればいいという資格もあるにはありますが、ここでも実務経験を積む前に採用してもらえるかが問題になってくる可能性があるのです。

 

次に問題になってくるのが、人間関係の問題です。
高校を中退するということは、学校というところを離れることになりますね。そのためテストや授業などの学校行事の一切と縁がなくなってしまいます。もちろん、学校で会っていた友人や先生・先輩や後輩と会うこともなくなるわけです。中退後であっても、自主的に連絡を取り合うことで関係を続けることは可能ですが、自分と全く違う生活を送る友達との関係性に悩んだり、疎外感を感じたり、劣等感もかんじたりすることもあるでしょう。そのうちに、関係が疎遠になってしまったという人も多いのです。

 

中退によって出会う困難をお話ししてきましたが、中退をしたからと言って社会へ出る道がなくなってしまうわけではありません。できるならば、中退から進学や就職を目指すための方法をがんが得てほしいものです。そのためには、全日制や通信制の高校に編入して高卒資格を取ることが可能です。

 

学校をいったん中退して再度、入学することを編入といいます。全日制の時は、高校2年生終了後に退学をした人は3年生から編入することができます。しかし、2年生の途中の場合は再度、2年生から編入します。逆に通信制の高校では、学年という考え方がないので、必要な単位を取れば高校を卒業することができます。中退前に取った単位も引き継ぐことができるので、編入の時期と取得済みの単位によっては、同級生と同じタイミングで高校を卒業することも可能になるのです。

 

ただ、編入をするには試験を受けなければいけません。全日制では3月、通信制高校なら3月と9月ごろに編入試験が行われます。学校によっては、時期に関係なく受け入れてくれる場合もありますから、体験入学を受けてみるとか、資料を請求してわからないことをしつもんするとかしていきましょう。

 

ここで、転入と編入の違いについてお話ししましょう。転入というのは、今まだほかの高校に在籍している生徒が別の学校に入学つまり転入することをいいます。つまり、転校のイメージと大きな差はないといっていいでしょう。前の学校で取った単位や出席日数によっては、2年次や3年次から転入することが可能な場合もあるので、同級生と同じタイミングで高校を卒業することもできるというわけです。

 

では、編入というのはどういうものなのでしょうか?
編入は、すでに他の高校を中退した生徒が別の学校に入学することを編入といいます。単位は前にいた高校で取ったものが卒業の時に必要な単位数に加算されますので安心してください。また、編入の時には試験として、簡単な面接や筆記試験や作文などがあるときがあります。しかしこれはあくまでも、生徒の現状を学校側が知るためということでのことが多いようです。

 

別に高校を卒業しなくても、高卒認定資格を取得することで、大学や専門学校へ進学することができます。高卒認定資格は高校卒業資格と間違われやすいのですが、この2つは全く違うものです。高卒認定資格は、高校を卒業した人と同じくらいの能力があるということを、国などから認定される資格であり、学歴としては中卒ということになりますが、高校卒業資格と同じように大学や短大や専門学校の受験資格を得ることができます。

 

それだけではありません、進学以外に各種の国家試験に活用することもできるのです。そして、受験の資格が低く、受験する年度内に満16歳以上になる人で、大検や高校卒業資格を持っていない人であれば、受験することが可能です。

 

また、全日制の高校に在学中でも、校長先生の許可があると、足りない単位を取得するために使うこともできますから、病気になってしまって、卒業単位が足りないという人も活用している試験なのです。ただ、すでに高校を中退していて、勉強に自信がないという人は、一人で試験勉強をするのが不安という人が多いものです。このような時は、通信制の高校やサポート校に公認試験合格を目指すコースが増えているのでこのようなものを利用するといいと思います。

無料一括資料請求サイト ズバット通信制高校資料一括請求なら、これらのポイントを生かし貴方に適した通信制高校を探すことができます。操作も簡単で無料なので、是非利用しましょう。 下のバナからズバット通信制高校無料一括資料請求へ移動します
あなたの最も身近な通信制高校が検索できます!そして無料資料請求もできます。

ホーム RSS購読 サイトマップ